TOPページ


太平記人物列伝

足利尊氏


太平記の主人公
日本の歴史上、同じく幕府を開いた源頼朝や徳川家康と比べると、どうしても影が薄い印象がある足利尊氏ですが、よく見ていくと非常に面白い。
一時は(?)朝敵(天皇の敵)となりながら、天下を治めた(?)唯一の人物と言えるかも知れません。

(?)と書いたのは、見る角度や解釈によってそれぞれに認識が分かれるからです。
人気的にはどちらかと言うと、天皇に忠誠を貫き同時期に活躍した「楠木正成」の方が人気が高く、足利尊氏の事を裏切り者だの国賊だのケチョンケチョンに言う風潮も以前はあったようですが、それは一方から見ただけの偏った意見で、最近はあまり見かけませんね。
現天皇家は足利尊氏が担いだ北朝の子孫であり、見方を変えれば、彼が居なかったら現天皇家の血筋は全く違ったものだったのかも知れません。その辺はどう思っているんでしょうね??
個人的にはそれぞれに魅力的な人物だと思います。

はじめは鎌倉幕府の筆頭クラスの御家人として、時の権力者 北条高時から「高氏」の名を与えられ幕府の一員として働く足利高氏(尊氏)でしたが、後醍醐帝が流されていた隠岐から脱出して倒幕の兵を起こすと、その鎮圧の為に派遣されていた高氏は一転、京にある幕府の機関 六波羅探題を攻め滅ぼし、新田義貞や楠木正成と並び倒幕の立役者となりました。
そして後醍醐帝から北条から与えられた”高”の字など名乗るなとばかりに自らの諱の一字である尊から「尊氏」の名を与えます。
しかし、関東で起こった北条の残党の反乱をきっかけに、後醍醐帝と足利尊氏は対立する事になります。


後醍醐帝に討伐の軍を差し向けられた際は、朝敵の汚名を受け生き長らえた家はない。と言い、武士にとっては大切な元結(髪)を切り、寺に引き籠ってしまいました。




科学的にアプローチする。心の正体
神揺論 科学的に折れない心を作る方法

Naviator 企画
INFO:NaviatorEnterprise.com